Thumbnail Image

要約版 : 世界食料農業白書 2018年報告

移住、農業および農村開発









The following complementary information is available:




Related items

Showing items related by metadata.

  • Thumbnail Image
    Booklet
    In Brief: The State of Food and Agriculture 2018
    Migration, agriculture and rural development.
    2018
    A shorter version of the FAO flagship publication The State of Food and Agriculture (SOFA) 2018, the In Brief contains the key messages and main points from the publication and is aimed at the media, policy makers and a more general public.
  • Thumbnail Image
    Booklet
    Résumé: La situation mondiale de l’alimentation et de l’agriculture 2018
    Migrations, agriculture et développement rural
    2018
    Version abrégée de la publication phare de la FAO, La situation mondiale de l’alimentation et de l’agriculture (SOFA) 2018, cette brochure contient les principaux messages et le contenu de la publication et est destiné aux médias, aux responsables politiques et au grand public.
  • Thumbnail Image
    Brochure, flyer, fact-sheet
    世界食料農業白書2015年報告
    社会保護と農業―農村貧困の悪循環を断つ
    2018
    貧困と飢餓の削減を掲げたミレニアム開発目標の取り組みでは、大きな 前進が見られたものの、世界では今なお10億人近くが極度の貧困(1日当 たり1.25ドル未満)の中で暮らし、7億9,500万人が慢性的な飢餓に苦し む。2030年までに貧困と飢餓の根絶を目指す新たな「持続可能な開発目 標」の実現には、更なる取り組みが必要だ。最貧層の多くは途上国の農村 部に暮らし、生計を農業に依存している。こうした人々は、貧困による栄 養失調が甚だしく、貧困が親から子へと世代を超えて引き継がれる負の 連鎖に陥っている。 多くの途上国は、こうした農村部の貧困の連鎖を断ち切るために、社会保 護と農業開発を組み合わせた新たな戦略を取り入れ、成果を上げている。 寡婦や孤児への給付金や、公共事業による貧困層への雇用保証といった 社会保護策は、こうした社会的・経済的弱者を深刻な困窮状態から救う ことができる。社会保護により、世帯は食料消費を増やし、食事を多様化 することができる。また、自分の土地での農業生産や新たな事業の立ち上 げのために、貯蓄や投資をすることもできる。農業開発プログラムは、 小規模家族農家が市場にアク セスしたり、リスクを管理するのを支援し、 雇用機会を創出することで、こうした家庭の自立を促し、レジリエンス (強靭性)を強化する。社会保護と農業振興を組み合わせ、一体的に取り 組むことで、農村部における貧困の連鎖を断ち切ることが可能となる。
  • Thumbnail Image
    Booklet
    In Brief: The State of Food and Agriculture 2018
    Migration, agriculture and rural development.
    2018
    A shorter version of the FAO flagship publication The State of Food and Agriculture (SOFA) 2018, the In Brief contains the key messages and main points from the publication and is aimed at the media, policy makers and a more general public.
  • Thumbnail Image
    Booklet
    Résumé: La situation mondiale de l’alimentation et de l’agriculture 2018
    Migrations, agriculture et développement rural
    2018
    Version abrégée de la publication phare de la FAO, La situation mondiale de l’alimentation et de l’agriculture (SOFA) 2018, cette brochure contient les principaux messages et le contenu de la publication et est destiné aux médias, aux responsables politiques et au grand public.
  • Thumbnail Image
    Brochure, flyer, fact-sheet
    世界食料農業白書2015年報告
    社会保護と農業―農村貧困の悪循環を断つ
    2018
    貧困と飢餓の削減を掲げたミレニアム開発目標の取り組みでは、大きな 前進が見られたものの、世界では今なお10億人近くが極度の貧困(1日当 たり1.25ドル未満)の中で暮らし、7億9,500万人が慢性的な飢餓に苦し む。2030年までに貧困と飢餓の根絶を目指す新たな「持続可能な開発目 標」の実現には、更なる取り組みが必要だ。最貧層の多くは途上国の農村 部に暮らし、生計を農業に依存している。こうした人々は、貧困による栄 養失調が甚だしく、貧困が親から子へと世代を超えて引き継がれる負の 連鎖に陥っている。 多くの途上国は、こうした農村部の貧困の連鎖を断ち切るために、社会保 護と農業開発を組み合わせた新たな戦略を取り入れ、成果を上げている。 寡婦や孤児への給付金や、公共事業による貧困層への雇用保証といった 社会保護策は、こうした社会的・経済的弱者を深刻な困窮状態から救う ことができる。社会保護により、世帯は食料消費を増やし、食事を多様化 することができる。また、自分の土地での農業生産や新たな事業の立ち上 げのために、貯蓄や投資をすることもできる。農業開発プログラムは、 小規模家族農家が市場にアク セスしたり、リスクを管理するのを支援し、 雇用機会を創出することで、こうした家庭の自立を促し、レジリエンス (強靭性)を強化する。社会保護と農業振興を組み合わせ、一体的に取り 組むことで、農村部における貧困の連鎖を断ち切ることが可能となる。
  • Thumbnail Image
    Booklet
    In Brief: The State of Food and Agriculture 2018
    Migration, agriculture and rural development.
    2018
    A shorter version of the FAO flagship publication The State of Food and Agriculture (SOFA) 2018, the In Brief contains the key messages and main points from the publication and is aimed at the media, policy makers and a more general public.
  • Thumbnail Image
    Booklet
    Résumé: La situation mondiale de l’alimentation et de l’agriculture 2018
    Migrations, agriculture et développement rural
    2018
    Version abrégée de la publication phare de la FAO, La situation mondiale de l’alimentation et de l’agriculture (SOFA) 2018, cette brochure contient les principaux messages et le contenu de la publication et est destiné aux médias, aux responsables politiques et au grand public.
  • Thumbnail Image
    Brochure, flyer, fact-sheet
    世界食料農業白書2015年報告
    社会保護と農業―農村貧困の悪循環を断つ
    2018
    貧困と飢餓の削減を掲げたミレニアム開発目標の取り組みでは、大きな 前進が見られたものの、世界では今なお10億人近くが極度の貧困(1日当 たり1.25ドル未満)の中で暮らし、7億9,500万人が慢性的な飢餓に苦し む。2030年までに貧困と飢餓の根絶を目指す新たな「持続可能な開発目 標」の実現には、更なる取り組みが必要だ。最貧層の多くは途上国の農村 部に暮らし、生計を農業に依存している。こうした人々は、貧困による栄 養失調が甚だしく、貧困が親から子へと世代を超えて引き継がれる負の 連鎖に陥っている。 多くの途上国は、こうした農村部の貧困の連鎖を断ち切るために、社会保 護と農業開発を組み合わせた新たな戦略を取り入れ、成果を上げている。 寡婦や孤児への給付金や、公共事業による貧困層への雇用保証といった 社会保護策は、こうした社会的・経済的弱者を深刻な困窮状態から救う ことができる。社会保護により、世帯は食料消費を増やし、食事を多様化 することができる。また、自分の土地での農業生産や新たな事業の立ち上 げのために、貯蓄や投資をすることもできる。農業開発プログラムは、 小規模家族農家が市場にアク セスしたり、リスクを管理するのを支援し、 雇用機会を創出することで、こうした家庭の自立を促し、レジリエンス (強靭性)を強化する。社会保護と農業振興を組み合わせ、一体的に取り 組むことで、農村部における貧困の連鎖を断ち切ることが可能となる。

Users also downloaded

Showing related downloaded files

No results found.